ダイエット

シメのラーメンを上手に食べる[ダイエット]

お酒の後にどうしてもラーメンが食べたい…..

アルコールを摂取した後、シメのラーメンが食べたくなったり、シメのご飯が食べたくなることも少なくはないと思います。

体が欲してしまうのは意志が弱いわけではなく、当たり前のことです。そこで今回、ダイエット中のシメのラーメンと上手に付き合う方法を紹介してきます。

シメのラーメンを食べたくなるのは正常な反応

飲み会後にラーメンが食べてたくなるのは人体の正常な反応です。

肝臓はお酒(アルコール)を分解する時に、糖質を利用します。そのためお酒を飲むと体は糖質不足になります。またアルコールの利尿作用によって、水分不足になります。

なので、ラーメンという、糖質と水分が豊富な炭水化物を体が欲しがるのです。

ついつい食べたくなるのは、体の反応なので。食べてしまって「自分の意志が弱い」「自分は情けない」「ダイエット中なのに」といったように、自分を責める必要は全くありません。

次は飲み会の過ごし方とシメのラーメンの取り方についてお話していきます。

シメのラーメンを欲しがるのは体の正常な反応

シメのラーメンを食べる時の2つの法則

ラーメンを食べる際に気をつけてほしいことは、①おつまみに枝豆を2人前食べること②朝食を和食にすること

①おつまみに枝豆を2人前食べる

枝豆に豊富なビタミンB1、B2 は炭水化物や脂肪を分解する働きがあります

②朝食を和食にする

和食は、余分なカロリーを脂肪にしないためにぴったりなメニューです。雑穀米のご飯、ワカメの味噌汁、キャベツ、卵や納豆。栄養バランスがとても良いです。

もし食欲がなくて、何も食べたくない場合はワカメの味噌汁を飲むことをお勧めします。

豊富な食物繊維が、余分なコレステロールの吸収を抑えて、食べたものを弁として追い出してくれます。

ダイエット中の飲み会は食べ過ぎない、上手に食べる

太りにくいラーメンの選び方

ラーメンはスープで選ぶことでカロリーを減らすことができます。

ラーメンのスープの味は、溶け込んでいる『脂』が決めて。美味しさを感じる「うまみ成分」や「塩分」もスープの脂に包まれています。

スープの味と具とが合わさることでラーメンは完成しています。つまり脂肪分の少ないラーメンには脂肪分の少ないメンマや低カロリーの赤みのチャーシューが使われ。

逆に、脂肪分の多い濃厚な味には高カロリーの多い具材が使われています。

オススメのラーメンはあっさり味の『しょうゆ』『塩』です。塩はカロリーは低いですが、塩分は多くなるので、気をつけてください。

ラーメンを選ぶ時はカロリーの少ない、アッサリがオススメ

 

まとめ

今回はアルコール後のしめのラーメンを取りたくなる理由や、食べ方についてお伝えしてきました。

ダイエットは一生続けるものです。長期的にみて、太りたくないのであれば、根性で我慢するよりも太らない食べ方をマスターした方が楽しいと思います。

適切に食べ過ぎることがなければ、太ることもありません。食べるときは楽しく食べてください。最後まで読んでくださりありがとうございました。

LINE@でダイエット相談受付中

 

LINE@で「痩せたい、綺麗になりたい、最後のダイエットにしたい」人からの相談に回答しています。

ダイエットに関する食事・モチベーション・方法の悩みがある人はLINE@に登録してくださいね。

★LINE@に登録するともらえる3つの特典

特典1
『72.3kg →51.7kg』になれたダイエットの基礎の基礎本

特典2
定期的なダイエット情報、ブログの配信

特典3
LINE@ダイエット無料相談権利

LINE@でしか受け取れないプレゼントもじゃんじゃんお届けしていきます。

是非お友達登録していただけると嬉しいです😋

ID検索の場合はこちらから▼
@fwd 9472h(@もお忘れなく)