未分類

ダイエット中でも飲み会の席を楽しく過ごす[ビール]

付き合いでビールをやめられない…

ダイエットでも会社の飲み会や付き合いでどうしても飲まざる得ない機会や、せっかくの食事会もビールを我慢!となると辛いということもあると思います。

そこで、今回はダイエット中のビールの取り方について紹介していきます。

ダイエットに良くないとわかっていても、事情があってやめられない場合や、ビール好きであまり我慢はしたくないという方は是非最後まで見てください。

我慢することが返ってストレスを招く

ダイエット中だからといって全て我慢するのはストレスを招き、そのストレスは痩せない原因にもなります。

我慢すればするほど食欲は抑えられなくなります。

例えば、好きな人を忘れようとすればするほど、その人のことを強く想ってしまうことと同じです。

「太るから我慢しよう」などと余計にストレスを溜めるのではなく。お酒の席ではストレスを溜めないようにうまく付き合っていきましょう。

ビールとのうまく付き合う方法を次に紹介していきます。

我慢は食欲を招く、ダイエット逆効果

 

ビールを飲んでも飲んでも太らない方法

 

ビールを飲んでも太らないコツはおつまみの選び方を少し工夫すること。それだけで『ビール腹』を防ぐことができます。

おつまみは低カロリー、高たんぱく質を選びましょう。

ビールはどんなものでも相性がよく、またアルコールには食欲増進効果があるので、ビールを飲んでいると、ついつい食べ過ぎてしまします。

低カロリーであることで、量を気にすることなく食べるというストレスから解消でき

高たんぱく質であることは、お酒の害から肝臓を守ります。肝臓がアルコールを分解するためにはタンパク質が必要です。

肝細胞はアルコールを解読しようと奮闘し、次々に壊れていきます。それをタンパク質が修正してくれます。

おつまみの選び方(例)

メインの唐揚げを選んだら残り2品は枝豆、刺身、豆腐などを選んで見てください。唐揚げが好きなら美味しくいただいてください。

おつまみ選びは低カロリー、高タンパク質

ビールを飲んでも太らない3か条

①2日酔いになるほどの量を飲まない

肝臓が分解できる量を超えたお酒のカロリーは、お腹周りの脂肪の原因になります。ビールは飲んでも大丈夫ですが適量にしてください。

②低カロリーのおつまみを選ぶ

量を気にしながら食べると、ストレスの原因になります。低カロリーなものをたくさん食べる。

③高たんぱく質のおつまみを選ぶ

タンパク質は、カロリーを体温として発散してくれてる。タンパク質は肝臓を守ってくれる。

ダイエット中のビールのおつまみ選び

おつまみで太る原因は2つ①脂肪の量が多い②量を食べ過ぎてしまうこと

ピザやフライドポテトは太るおつまみの代表です。逆に脂肪の量が少なくて、食べ過ぎないものが太らないおつまみになります。具体的には生で食べれるものと、茹でて食べるものです。

生で食べるものは刺身、冷奴、野菜、かまぼこなどの練りもの、チーズ、大根やレタス、海藻サラダ、タコときゅうりの酢のものなどです。

お刺身なら、タイ、ブリ、アジ、シメサバ、サーモンはお酒を分解して余分な脂肪を溜め込まないように助けてくれるB1が豊富に含まれています。

茹でて食べるものは、枝豆やしゃぶしゃぶ、温野菜のサラダ、ゆで卵などがあります。

生のもの、茹でて食べれるものをチョイスする

 

まとめ

今回はダイエット中のビールの取り方について話してきました。

ダイエット中であれば、一番いいのはビールをやめることです。しかし”大好きな”ビールを我慢するよりも上手に付き合って、楽しくダイエットすることが心にも負担が少ないです。

LINE@でダイエット相談受付中

 

LINE@で「痩せたい、綺麗になりたい、最後のダイエットにしたい」人からの相談に回答しています。

ダイエットに関する食事・モチベーション・方法の悩みがある人はLINE@に登録してくださいね。

★LINE@に登録するともらえる3つの特典

特典1
『72.3kg →51.7kg』になれたダイエットの基礎の基礎本

特典2
定期的なダイエット情報、ブログの配信

特典3
LINE@ダイエット無料相談権利

LINE@でしか受け取れないプレゼントもじゃんじゃんお届けしていきます。

是非お友達登録していただけると嬉しいです😋

ID検索の場合はこちらから▼
@fwd 9472h(@もお忘れなく)