未分類

空腹は痩せる魔法。[空腹が辛い人必見!!]

ダイエット中の空腹にどうしても耐えられない

という方も少なからずおられると思います。

ダイエット中の空腹感って我慢したり辛い思いをしながらダイエットするのは、苦痛ですよね。

今回の記事では、空腹の慣れ方についての方法をご紹介していきたいと思います。

この考え方と慣れの方法を知っているだけで、空腹を味方につけ、自然に痩せることができます。

空腹は辛いものなのか?

空腹が辛く感じるのは慣れていないからです。

あなたは空腹感が来た時に食べていますか?お腹は空いてないけど、お昼の時間がきたから食べる。夕食だから食べる。と惰性で食べているという状態になっていたら要注意です。

本来、人には空腹センサーがついています。小さい子供はお腹が空いた時に食べて、お腹がはちきれるまで食べ物を食べません。目の前の大好きなハンバーグが残ったとしても、食べるのをやめてしまいます。

空腹は誰でもなれることができ、慣れてしまえば快感になります。

空腹が辛くなくなる方法

まず、空腹は『苦』ではなく『快』だということを知ることです。

そうすることで、空腹であることにネガティブな感情を抱かずに、楽しくダイエットを行うことができます。

空腹のいいところ

*味覚に敏感になり、食べ物が美味しく感じる。

*勉強、仕事に集中できる

*眠くならない

*体が軽い

*今まで蓄えられていた脂肪がエネルギーに変わる(痩せる)

空腹はダイエットの敵ではありません、空腹はダイエットを成功に導いてくれる大きな鍵です!

お腹いっぱいまで食べると起こるやばいこと

空腹じゃないのに食べ続けていると、太ります。

エネルギーを全て使い切っていない状態で次の食べ物を入れてしまうと、そのエネルギーは消費できずに、体に脂肪として溜め込んでしまします。

体は車、食べ物はガソリンと同じです。タンクにガソリンを入れすぎると、あふれ出します。溢れたガソリンはこぼれ落ちて使われることはありません。

人間の体も同じような仕組みになっています。

要は、食べ物は最初はエネルギーとして使われますが、使われないエネルギーは脂肪細胞というところに蓄えられて脂肪に変わっていきます。

もしお腹いっぱいでエネルギーが使われていない状態で食事をすると、どんどん脂肪が蓄積していくのがわかりますよね。

空腹時こそチャンスである。エネルギーがなくなった後は脂肪細胞で蓄えられていた、脂肪がエネルギーと使われ、脂肪燃焼が起こります。

 

空腹になれるための具体的な方法

空腹慣れの極意①

大好きな食べ物を禁止しすぎない

ダイエット中は『大好きなチョコレート』は絶対禁止としている方もおられるず、もし意思が強く我慢しきれるなら問題はありませんが、人間はダメと言われれば言われるほどしたくなる生き物です。

ダメと考える=ダメな事を強く考えている状態になります。

なのでチョコレートを食べてはいけないと意識が強いほど、禁止したものを考え食べてしまうことがあります。いつでも食べれるという意識の方が食へのストレスがなくなります。

大好きな食べ物は極端に禁止するよりもどう食べるかが重要です。

空腹慣れの極意②

お腹が空いた時少量の水を飲む

人間の体は約60%が水でできています。体は水分不足に陥ると、「体が何かを食べろ!!危機だ!!」と脳から信号が出ます。

つまり、水分不足=エネルギー不足と脳が反応をしているときがあります。

水分不足でお腹が空いている状態の時に、少量の水を飲めば、その空腹は収まります。

お腹が空いて小腹が空いた時、まずはコップ1杯のお水を飲んでみてください。

空腹慣れの極意③

お腹が空いていなければ、次のご飯は食べない

一食抜いても人間は死にません。

あなたは「3食きっちり食べないといけない」「朝食はエネルギー源だから食べないといけない」「数時間後にお腹が空くかもしれないから、お腹は空いていないけど、今のうちに食べておこう」と思っていませんか?

使われないエネルギーは脂肪になるだけなので、もし胃に何か残っている感覚があるのであれば、まだその食べ物はエネルギーとして使われきれていないので、全て使い切ってからエネルギーをチャージしてください。

3食はカロリーを取りすぎていることがあります。

空腹慣れの極意④

食べ物をストックしない

できる限り誘惑は排除することが大切です。好きな食べ物が目の前にあると、我慢する方が難しいのではないでしょうか。

空腹を耐えられない原因として考えられるのが、手の届くところに食べ物があるから。逆に手の届くところに食べ物がなければ、そもそも食べることができないので、ついつい食べてしまうということが防げます。

食べ物を置かない状況を作って、強制的に空腹に慣れてしまうという方法です。

空腹慣れの極意⑤

食べることでストレスを発散しない、言い訳しない

食べることでセロトニン(幸せホルモン)が出ます。

なので食べているときはストレスを解消できることはできますが、一時的なストレス解消で、根本の原因は無くなっていません。

「期間限定だから」「やすくなっているから」「子供が残しているから」「もったいないから」という理由でなんとなく食べているのは空腹になれることができない原因かもしれません。

お腹がすいたら食べるを意識して、惰性で食べるのをやめるように下ください。

空腹慣れの極意⑥

プチ断食をする

今まで空腹に慣れていない人はプチ断食をして、空腹になれるのがいいですね。

断食をすることで、少しいが小さくなるのを感じると思います。

まとめ

この記事では空腹の慣れの方法についてお話ししました。

・空腹に辛いのは慣れていないだけ
・食べすぎはエネルギーを消費しきれずに脂肪になる
・空腹はメリットだらけ
・空腹時にご飯を食べるとうまい
・お腹が空いている→水分不足の可能性
・空腹時は脂肪を燃やしている

口さみしい時に食べ物を食べるんじゃなくて、胃が空っぽになったら食べる。

「ぐぅ〜」と音がなっているときは『脂肪が燃焼している。今痩せている。』これをお腹が空いた時に呪文のように口に出してください。

お腹が空かなくなったら食べるのではなく胃が空っぽになったら次のご飯を食べる。ということを意識していけばいいですね。空腹の状態でご飯を食べるといつもよりご飯が5.7倍美味しくなります。

空腹を辛い→快感と感じるようになったときスリムになって、体が軽くなります。最初は辛いですが1、2 週間すると慣れます。

空腹を味方にできればスリムになれることも夢ではない!!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINE@でダイエット相談受付中

 

LINE@で「痩せたい、綺麗になりたい、最後のダイエットにしたい」人からの相談に回答しています。

ダイエットに関する食事・モチベーション・方法の悩みがある人はLINE@に登録してくださいね。

★LINE@に登録するともらえる3つの特典

特典1
『72.3kg →51.7kg』になれたダイエットの基礎の基礎本

特典2
定期的なダイエット情報、ブログの配信

特典3
LINE@ダイエット無料相談権利

LINE@でしか受け取れないプレゼントもじゃんじゃんお届けしていきます。

是非お友達登録していただけると嬉しいです😋

ID検索の場合はこちらから▼
@fwd 9472h(@もお忘れなく)