未分類

ダイエット[初心者] 今日から始められる事

 

 

この記事では、これからダイエットを始めようとしているけど
何から始めたらいいのかわからない、痩せたいが腰が重くて
ダイエットを開始できない方へ、
何から始めたらいいかについて紹介します。

ダイエットって食事制限や苦手な運動、
大好きなスイーツを我慢。
つらいイメージがつきものですよね。

その悩みを簡単に解決するのが、
咀嚼回数を増やす
(食べ物を味わうこと)です

これを実践するだけで、
つらい思いをせずに体重を落とすことができますよ。

さらにダイエット以外にも得られるメリットがあります。

1.なぜ咀嚼回数を増やすのがいいのか

噛む回数を増やすことで、満腹感を得られるを得られます。
満腹になるまでに15〜20分かかると言われています。

噛む回数を増やすことによって、シンプルに食べる量が減る。

また噛む回数を増やすことで胃に負担をかけにくくなります。
消化に使われていたエネルギーが違うところに使われるようになり

2.痩せれる以外のメリット

次によく噛むことで、痩せること以外にも
起こるメリットもお伝えします。

2.1 小顔効果

よく噛むことは顔の筋肉を鍛えフェイスラインを引き上げ、小顔効果があります

顔の筋肉というのは、その70%近くが口の周りに集中しているので
よく噛むことで結果的に顔が引き締まるのです。

2.2 食べ物が美味しく感じる、食べ物に気をつけれるようになる

今まで食事を意識していなかった方は、
野菜がこんな味をしているのか、
食材に対して敏感になります。

自分が何を食べているかを意識することで
何を食べれば体にいいか、という意識もできます。

2.3 虫歯を予防できる

もぐもぐとよく噛むと、唾液がたくさん出ますよね、
唾液は虫歯予防、口臭予防につながります。

2.4 ストレス解消

「スマイル フリー」の画像検索結果

よく噛むことでセロトニンという、別名、幸せホルモンが
たくさん分泌されます。

野球選手が試合中にガムを噛んでいるのも
リラックスできるからなんですね。

その他にも、便秘解消、がん予防などがあります。

3.実践方法

一口の目安は30口(物がペースト状)

どうすれば咀嚼回数が増えるか具体的な方法をご紹介します。

3.1食べ物は噛めるものをチョイスする。

噛みたくても噛めないものはオススメしません、

具体的に言えば、生クリーム、カレー、スナック菓子など
軽くてふわふわしているものは噛まなくても食べられます。

加工食品は比較的噛まずに食べれることができます。

逆に食材の原型が分かるものは
よく噛めるものが比較的多いです。

食材に迷った時は原型に近い形をなるべく選ぶのが良いです。

「まごわやさしい」の画像検索結果

一度は学校で聞いたことのある『まごはやさしい』
体に良くて栄養価も高く満足もしやすいので

晩御飯に迷った時は『ゴマはやさしい』の中の
食材をメインにするのも良いですね!!

3.2 口に一口入れた後、その一口がなくなるまで次の一口を入れない

食べ物を口に入れたら、飲み込んだら、次の一口を食べてください。

できない場合は、一回、一回お箸を置くのもおすすめです。
こうすることで早食いを防ぐことができます。

3.3 噛むことを忘れてしまう人、食事を楽しめない人は
食べ物を味わうことをする。

 

どうしても噛むことばかりして食事を楽しめない場合は、
噛むことを意識するんではなくて、味わって食べるということをしてください。

歯で噛むのではなく、舌の先で味を味わいながら食べる。
そうすることでただ噛むということを避け
食べ物に気を使うことができたり、食事も楽しむことができます。

 

3.4 食べることに集中する(ながら食べをしない)

TVを見ながら、勉強しながら、〇〇しながらなどは
どうしても食事に集中することができず、食事を味わうことができない場合があります。

誰かと食べて会話に集中してしまい、
よく噛めない方は、慣れるまでは一人で食べるのをお勧めします。

今まで早食いをして食べることに集中できていなかった人は
無意識に味わうことができるまでは意識して食事に集中してください。

3.5 食事中の飲み物はなるべく控える

飲み物を飲むことで噛む回数が約10回減ってしまいます。

飲み物で食べ物を流し込まないようするために
食事中の飲み物は控えてください。

※水などの飲み物を飲みすぎることで
胃液が薄まってしまい、結果消化に負荷をかけることがあります。

注意点

よく噛んでるからといって食べ過ぎるのは意味がないです。

『噛んでいるから』というのを免罪符にして
お腹がはち切れるまで食べるのはやめてください。

食べるのをやめるタイミングは
「もう一品入るかな」と思うところです。

15〜20分待ってみると、
やっぱり食べなくていいかなと思うこともあります。

4. 今すぐできる!噛むことを習慣化する。

 

関連画像

いきなり食事の量を減らしたり、
激しい運動をしなくても
噛む回数(味わうこと)を意識するだけで

ダイエット効果があるなら、
噛まないわけにはいきませんよね。

今の体型は今までの行動習慣の積み重ねです。

早食いはクセのようなものです、
初めは意識しなければ治らないと思います。

忘れてできなかった時は
できなかった自分を責めるのではなく
次意識してしてみてください。

忘れてしまう場合は食卓から見える場所へ
もしくは携帯の待ち受けにするのもいいかもしれませんね。

 

TVで女優さんが食事をしているとき、
あまり早食いの人は見ないですよね。

私は女優という気分で
次食べる時は優雅な気持ちで
口の中で食べ物がペースト状になるまで噛んでみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

LINE@でダイエット相談受付中

 

LINE@で「痩せたい、綺麗になりたい、最後のダイエットにしたい」人からの相談に回答しています。

ダイエットに関する食事・モチベーション・方法の悩みがある人はLINE@に登録してくださいね。

★LINE@に登録するともらえる3つの特典

特典1
『72.3kg →51.7kg』になれたダイエットの基礎の基礎本

特典2
定期的なダイエット情報、ブログの配信

特典3
LINE@ダイエット無料相談権利

LINE@でしか受け取れないプレゼントもじゃんじゃんお届けしていきます。

是非お友達登録していただけると嬉しいです😋

ID検索の場合はこちらから▼
@fwd 9472h(@もお忘れなく)