食事

健康的に痩せる方法5つ『基礎編』 

健康的にキレイに痩せたい

女性なら、見た目を気にしたり、痩せたい、可愛くなって彼氏に褒められたいという方も多いと思います。

そこで今回は健康的に痩せる方法について、大切なことを書きました。

我慢我慢のダイエットをしていて、何をすればわからないという方は是非最後まで見てください。

健康的に痩せるために一番大切なこと

痩せるために一番大切なことは『食と向き合うこと』です。

カロリー制限や食事量を減らせば痩せると思っているならば危険です。

食事に向き合わずに、「量を減らせば痩せられる」という安易な考えで食と向き合わずにいるとリバウンドをしたり、摂食食害などに陥ることがあるからです。食べることは悪いことではありません。

もし本気で痩せたい健康的に痩せたい。きれいになりたい。というのであれば、食べることを止めようとするのではなく。食との向き合い方を変えてください。

「楽で」「即効性のある」ダイエットに逃げ、大切な体を失いたくなければ、『食を我慢する』のではなく『食と向き合う』ことを意識してダイエットに取り組んでください。

食事を我慢して、痩せたとしてもそれはただやつれているだけで、きれいではありません。

食べないダイエットは『キレイ』になれない

食事に集中していますか?

食べることに集中する

作業し”ながら”。テレビを見ながら、スマホを見ながら、忙しいからといって食べ物を詰め込んでいませんか?

ながら食べをしてしまうと、食べ物に意識が集中できず、食べている実感や満足感がなくなく、ダラダラ食べ続けてしまう原因にもなります。

無意識のうちに味の変化を求めて辛い→甘い→辛いを交互に食べ、想像以上にカロリーを摂取していることもあります。

食べ物を口に運ぶ時には、食べることに集中して、味、香り、見た目、5感を使いながらしっかり味わってください。

ながら食べをしているのであれば「太ってまでやりたいことなの?」と自分に問いかけてみてください。

ながら食べは無意識に食べすぎる。

ダイエットで大切なことは自分が口に運ぶものを意識すること

ちゃんと食べ物噛めてますか?

覚えて欲しい言葉があります。早食いはデブのもとという言葉です。

あなたはどれぐらい食事に時間をかけていますか?15分以内に食べ終わってしまう、友達と食べているときに一番最初に食べ終わるという。これ早食いの可能性があります。

満腹中枢に刺激が伝わるまでは約20分と言われています。早食いだと腹八分目がわからなくて食べ過ぎてしまうこともあります。

また噛まずに飲み込んでいると、消化に負担がかかり、代謝のための酵素の働きが弱ってしまうことがあります。

早食いの人は、一番遅い人のペースに合わせてみてください。理想的な噛む回数は30回〜50回、数えるのが面倒だという場合は「食べ物がペースト状」「食感がなくなるまで」を意識してみてください。

ゆっくり食べるのを意識することで、早食いが落ち着いてダイエット効果が高まると思います。

噛まずに飲み込むと消化に負担がかかり、消化にエネルギーがいき、代謝が悪くなってしまう。

「残すのがもったいない」会員さんになってない?

「もったいない」から食べるは痩せることができない

家族が残したから。最後の3口だから。友達が手をつけてないから。など勿体無いと手を伸ばしてしまうのは痩せられない原因です。

お腹が空いてないのにもったいないからの理由で「残飯処理班」になっていませんか?

残したり、捨てたりするのは勿体無い気持ちはわかります。なので最初から残さないような工夫をしてみましょう。

一人暮らしなのであれば、多くは作らない。多く作ったとしても、食べない分はすぐ冷蔵庫に保存する。

外食なのであれば、あらかじめ少量でオーダーして、たりない量を追加オーダーするといいですね。

もし残ってしまったのであれば、その時に食べるのではなく、テイクアウトをして次の食事で食べてみてください。

コラム:もったいないのは誰のため?

「もったいない」からといって食べてしまう理由として、貧しい人たちは食べれないのに、残すと勿体無い。という思いもあると思います。

果たして、あなたが食べ過ぎることで貧しい子の役に立つのでしょうか?あなたが食べ過ぎて病気になって医療費がかかることを考えると、少量で満足した方がいいとは思いませんか?

勿体無いからといって食べ続けても誰の得にもなりません。

夏は氷がたくさん入った飲み物を飲んでる??!

内臓が冷えるとダイエット効果がダウン

喉が渇いた時に氷がたくさん入って飲み物を飲んでいませんか?

冷たいものばかりのんでいると、体は冷えてしまいます。体が冷えると、セルライトをため込みやすくなったり、むくみやすくなったりします。

内臓を温めることで、体のめぐりが良くなったり、お通じなどのデトックス効果、美肌やむくみ解消にもつながります。

白湯のススメ

白湯は代謝、冷え、デトックス、ダイエット効果などがあります。体を温めることで代謝があがるのでオススメです。

白湯が苦手という人は、レモンや生姜を加えてみると美味しく飲めますよ!

まとめ

今回は健康に痩せるために大切なこと5つについて話してきました。

まとめ

食と向き合う

5感を使ってしっかり味わう、しっかり噛む

食べ過ぎないような工夫をする

意識的に暖かい飲み物を飲んで内臓から温める

ダイエットは辛い思いをすることではありません。『キレイ』になるためです。

初めはできないこともあるかもしれませんが、まずは意識してみるところから初めてみるのはいかがでしょうか?

この記事が良かったら他のダイエット記事も読んでみてください。最後まで読んでくださりありがとうございました。

LINE@でダイエット相談受付中

 

LINE@で「痩せたい、綺麗になりたい、最後のダイエットにしたい」人からの相談に回答しています。

ダイエットに関する食事・モチベーション・方法の悩みがある人はLINE@に登録してくださいね。

★LINE@に登録するともらえる3つの特典

特典1
『72.3kg →51.7kg』になれたダイエットの基礎の基礎本

特典2
定期的なダイエット情報、ブログの配信

特典3
LINE@ダイエット無料相談権利

LINE@でしか受け取れないプレゼントもじゃんじゃんお届けしていきます。

是非お友達登録していただけると嬉しいです😋

ID検索の場合はこちらから▼
@fwd 9472h(@もお忘れなく)