ダイエット

体の冷え甘くみていませんか??[ダイエット][冷え解消]

体を温めて痩せ体質に。便秘改善、むくみ改善
冷え性気味でつらい……

手足が冷たい感じがある。むくみやすい。体の冷えが実感できる。という方も少なくはないと思います。

女性は男性に比べると代謝量も少ないので、体が冷えやすくなります。

体の冷えを甘くみていると痩せられないどころか、「冷えは万病のもと」というように、体の不調につながります。

そこで今回はなぜ冷えが体にいけないと、体を温める方法についてお伝えしていきます。

冷え体質がもたらすトラブル

体が冷える ダイエット 冷え性 ひえ改善方法 

一番のトラブルは太りやすくなること??!

体が冷えているとダイエットに非効率です。

毎日の生活の中で消費しているエネルギー量のうち、何もしていない安静時に呼吸や血液循環などで消費される量(基礎代謝)は、全体の60〜70%にもなります。

運動や仕事などでの様々な活動よりも、生きていくためのエネルギー量の方がずっと多いのです。一般的には体温が1度上昇すると、基礎代謝が12%アップします。

つまり体温が温かいと、それだけじっとしている時のエネルギー代謝量がアップします。

逆に冷え体質や、食事制限などで食べなすぎると、基礎代謝が下がってしまいます。

すると、代謝が高い人と比べて、食べる量や、運動量が同じであっても太りやすくなります。

その便秘は冷えがもたらしている可能性が

冷えは、体全体の臓器の働きをスローダウンさせます。

必然的に腸内の働きも低下して、便秘になりやすくなります。

冷えがあると、体がむくみやすくなる

体が冷えると、熱をできるだけ逃さないように汗が出にくくなり、排尿も抑えられてしまうため、水分の排泄機能が低下します。

すると、体内に余分な水分が残りむくみやすくなるのです。

冷えは万病の元。風邪をひきやすくなる

体が十分に温かく、免疫力が維持できていれば、風邪のウイルスなどの異物が体内に侵入しても、血液中の白血球がそれを攻撃したり、排除したりして、体を病気から守ってくれます。

しかし、冷え性になると、この免疫力の担い手である白血球の働きが低下し、抵抗力が弱まって、風邪や病気の原因になることがあります。

肩こり、頭痛、腰痛が起こる

冷えによって、全身の血行が悪くなると、新鮮な酸素が行き渡りにくくなります。

また、体の中の老廃物をうまく体の外に排出できなくなるため、それが肩こりや腰痛、頭痛といった痛みになって現れます。

肌の老化が顕著になる

冷え体質になると、新陳代謝が衰えてしまうため、肌のターンオーバー機能も低下してしまいます。

その結果肌荒れや、乾燥など肌のトラブルを招いてしまいます。

また、皮下の毛細血管の血の流れも悪くなるので、くすみやシワという肌の老化も顕著になってしまいます。

冷えは心や体に様々なトラブルを引きを起こす。痩せようとする前に「冷え改善を」

冷えはダイエットの大敵。それ以外の大きな悪影響とは?

冷えると痩せにくい 冷えると太る ダイエット 冷え性

体を冷やしたらいけない理由がもう一つ、それは冷えが心に影響するからです。

冬の寒さが厳しい中、外にいることを想像して見てください。

体が縮こまってしまい、寒いという感覚で頭がいっぱいになり、他のことを考える余裕も無くなってしまうと思います。

反対に、暖かい部屋に入ったり、温かい飲み物を飲んだりすると、ほっと息つくことができ、落ち着きを戻せます。

つまり『体を冷やさない、体を温める』というのはまさにこの例と同じなのです。

冷えは心にも影響する。冷えてると美しくなれない。

 

食べ物の『温・冷』気にしていますか?

体を温める食材 冷え改善ダイエット 代謝アップ

 

体を冷やさないために重要なのは食事です。

衣類に気をつけ体を温めることは、もちろん大切ですが、中から温めること、体内から温かい状態を維持することが大事です。

『体を温めるもの』or『体を冷やすもの』食べ物の見極め方

『体を冷えるか温めるか』食べ物の見極め方1

一番分かりやすいのが、手で触って冷たく感じるもの。

アイスクリーム、冷たい飲み物、ビールなどのお酒、生ものです。夏で喉が渇いているからといってキンキンの飲み物を飲むのは体を冷やす原因になります。

日頃から少し気をつけて見てください。

『体を冷えるか温めるか』食べ物の見極め方2

生野菜や果物はどこで育ったか(原産地)で判断する

冬が旬なものは体を温め、夏が旬なものは体を冷やします。

トマト、レタス、きゅうりといった夏野菜は体をクールダウンしてくれます。

冬野菜例:白菜や大根、レンコンやゴボウなどの根菜類

食べ物には『温』『冷』がある。寒い地域で育った食べものは体を温めてくれる

まとめ

今回は体を冷えすことがいかに怖いことか、体を温める方法について紹介してきました。

冷えを甘く見ていると、ダイエットに成功しないどころか体の不調も招いてしまいます。

食事に気をつけ、心身ともに内側から温かくすることで、あなたは穏やかで、美しい女性になることができます。

もし、この記事がためになったと思う方は違う記事も是非見てください。

最後まで、読んでくださりありがとうございました。

LINE@でダイエット相談受付中

 

LINE@で「痩せたい、綺麗になりたい、最後のダイエットにしたい」人からの相談に回答しています。

ダイエットに関する食事・モチベーション・方法の悩みがある人はLINE@に登録してくださいね。

★LINE@に登録するともらえる3つの特典

特典1
『72.3kg →51.7kg』になれたダイエットの基礎の基礎本

特典2
定期的なダイエット情報、ブログの配信

特典3
LINE@ダイエット無料相談権利

LINE@でしか受け取れないプレゼントもじゃんじゃんお届けしていきます。

是非お友達登録していただけると嬉しいです😋

ID検索の場合はこちらから▼
@fwd 9472h(@もお忘れなく)